Saturday, April 22, 2006

古語:けがれ(穢れ)

死の不吉さを忌んで,それを婉曲した表現はさまざまだ.
なくす,かくす,きゆ,みまかる,はかなくなる,むなしくなる,あさましくなる,いたずらになる,いふかいなくなる,ともかくもなる,いかにもなる,などなど.

死は,目には見えない.
死に臨んだとき,その死が忍び寄る不安は避け難い.
こうした負のイメージで死をとらえた時,死への接触は,
たましいが汚れる(穢れる)ことを意味するようになる.

穢れへの対処には幾つかの方法がある.例えば,
お祓い,お清め,禊(みそぎ.水に入って清めること.),あるいは,
もの忌み(人に会わない),こと忌み(不吉なことを言わない・しない)等.

No comments: